ブログトップ
海北友松展

京都国立博物館で開催中の海北友松展に行ってきました。




大胆で繊細で、柔らかい見事な作品を堪能しました。


山水画や、網干図屏風に惹かれ、


龍や人物の描き方に、海北氏はユニークな方だったのでは、


と想像しました。



年表の中に、「本能寺の変」とか書いてあると、


そんな時代に頑張ったんだなーと感心したり。



年老いてからますます素晴らしい作品ができていることに


勝手に励まされたりしました。



最後の部屋の「月下渓流図屏風」は


全体が美しいモノクロームの中、


端にひときわ明るい緑の葉が描かれていて、


自然と時間と生命の喜びを謳っているように思えて


この作品がとても好きです。



そして今日は久しぶりの青空が気持ち良かった!


b0184870_20055804.jpg















b0184870_20060550.jpg


[PR]
by yasuyo-yan | 2017-04-23 20:05 | Trackback
トラックバックURL : https://yasuyoill.exblog.jp/tb/26811658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。