ブログトップ
再会&オルセー美術館展
先週末、九州で暮らす学生時代の友達が用事で東京に。
楽しみにしていた約2年ぶりの再会を喜びあい、
一緒に国立新美術館で開催中のオルセー美術館展2010
「ポスト印象派」を鑑賞。
その後都心のホテルで一泊コースという楽しい逢瀬。
ゆっくり時間があるにもかかわらず、話しは尽きず、
気がつくと朝の4時頃までおしゃべり。

知り合ってからの長い年月、お互いにいろいろあったけど
「なんとかなるさ」精神で元気に過ごしている私たち。
全然違う生き方をしてきたけど、通じ合うって心地良いね。

彼女は今、佐賀県に住み佐賀の素晴らしさを広める仕事をしていて、
日本の文化に佐賀の人がとても貢献したことを熱く語ってくれました。

歴史の中で活躍する佐賀人の
「へ〜〜っ、すごいね知らなかった」というお話しもたくさんあって、
先人の活動を知られていないのはもったいない!と私も同感。
佐賀の良さを多くの人に知ってもらうための彼女のお仕事は
とっても素敵だと思いました。

お土産に佐賀名産品をいろいろもらって嬉しい〜。
左から「うまかのり梅(ばい)」……
梅のすっぱさが海苔佃煮と良い感じでミックスされてご飯に合います。
真ん中の「肥前ケシアド」はポルトガル伝来のお菓子。
カボチャあんがほくほくしていておいしい。
そして右の「海苔かご」は小麦と海苔の揚げ麺。
パリパリとした食感と風味が珍しい一品です。

b0184870_2347041.jpg
[PR]
by yasuyo-yan | 2010-07-06 22:54